自律神経失調症

  • なかなか疲れがとれない
  • なんだか調子が悪い
  • 以前と体が違う

そこで病院に行くと自律神経失症だと
言われませんでしたか?

このページは自律神経失調症で
お悩みのあなたに情報を提供します


自律神経失調症を分類

自律神経失調症を分かりやすく
二つに分類しました

・肉体的な不調
・精神的な不調
 の二つです

あなたはどちらでしょうか?
両方という場合もあります


肉体的な不調

  • 緊張で手汗を感じることが多い
  • 寝つきが悪く、寝ても
    途中で起きてしまう
  • 特に何もしていないのに
    全身の怠さがある
  • 体の一部が極度に硬い
  • 肩こりがひどい
  • 急に立った時やお風呂
    上がり以外でのめまいがある
  • 測って熱はないのに
    額の辺りが熱っぽい
  • 心臓がドキドキしている
     感覚がある


精神的な不調

  • 最近、直ぐイライラしてしまう
  • 急に悲しくなったり
    絶望感が襲ってくる
  • 人前で緊張感を強く感じる
  • キーンと耳鳴りがする
  • 何をやっても上手くいかない
  • 他の人が自分の悪口を
    言っていると思う
  • 突然、不安になる事がある
  • 上手く呼吸ができない感じがする


不調の現れ方

その不調のあらわれ方は個人差があり
1つの不調しかあらわれない人も
いれば3つ4つ出る方もいるようです

同じ状態が長く続く人もいれば
不調が現れたり消えたりを
繰り返す人もいます

また、ある不調が消えたかと
思うと別のがあらわれたりと
いろいろなケースがあるのが

自律神経失調症の特徴です

それは精神的ストレスによる
体の緊張が原因かもわかりません


自律神経失調症で様々な不調

ふらつき

自律神経失調症からくる
ふらつきは立ち上がった
瞬間に気が遠くなる
歩いてフワフワと感じる

それは全身の筋肉が緊張して
血行が悪くなっている可能性が
あります

めまい

「浮動性のめまい」
体がフラフラするように感じる

「回転性のめまい」
自分自身もしくは、周囲が
ぐるぐる回ように感じるもの

自律神経失調症と
関係が深いのは浮動性めまいで

  • 立ち上がった瞬間に気が遠くなる
  • まっすぐ歩くことが難しい
  • 姿勢を保つことが難しい

状態になる場合があります


顔のほてり、手足の冷え

顔のほてり、手足の冷え
一般的な冷え性よりも氷のように
冷たく感じる

冷え手足は冷えているのに
顔だけはほてりを感じる

冷えとほてりの両方を感じる
こともあります


自律神経が乱れて血液の
循環が悪くなることが要因で

  • 月経痛の激しい女性
  • 不妊症
  • 更年期

の女性に多いと言われています


動悸、息切れ

激しい運動を
しているわけでもないのに
動悸や息切れを感じる
血圧が上がる胸に
圧迫感を感じることがある

検査しても異常がなければ
自律神経失調症
かもしれません

ストレスで交感神経が
高まって筋肉が緊張し
脈拍が速くなったことが
考えられます


息苦しい

呼吸が早くなって
息苦しさを感じることが
あります

特に夜寝ようとする時に
息苦しい酸欠感
息を吸い込めないように
感じることが多いようです

精神的なストレスや
不安感から気管支の
筋肉が緊張して起こると
考えられています

  • 食欲不振
  • 食べると吐き気がする
  • 食べた後は胃が
  • ムカムカする

消化器系を
コントロールしている
自律神経の乱れかも
わかりません


不眠

  • 寝つきが悪い
  • 眠りが浅い
  • 夜中によく目を覚ます

寝不足で昼間に
眠くなる

運動で体が疲れていたり
気分がリラックスしているのに
なかなか眠れないというのが
特徴的です


便秘

消化器系は精神的な
影響をうけやすい器官です

ストレスが多いと
消化器系(胃腸など)の
はたらきが弱くなって

便秘になる傾向が高く
代表的な状態のひとつです

強いストレスが続くと
便秘と下痢をくりかえす
事もあります


下痢

変なものを食べて
いないのに吐き気がする

食後に胃がムカムカする
下痢になる

強いストレスが続くと
下痢と便秘を繰返す
こともあります


口の中の不快感

緊張すると口の中が
渇きますが緊張が
なくなれば元に戻りますよね

自律神経失調症からくる
口の不快感はいつまでも
続きます

  • 口が渇く、舌が痛い
  • 味覚を感じない
  • 口の中のネバネバ感

歯の浮くような
感触といった状態です


喉の不快感、違和感

のどから食道にかけて
何かひっかかっているような感覚

物を飲みこもうとしても
詰まってうまく飲みこめない

のどを締めつける
圧迫感がある比較的
女性に多くあらわれる
傾向があります


残尿感・頻尿

  • 緊張している時
  • ストレスを感じている時
  • 不安・恐怖を感じている時
     などに頻尿になりトイレが
     近くなることが多いのに対して
     好きなことに集中している時
     眠っている間などは頻尿や
     残尿感があらわれにくい
     傾向があります


不安定な精神状態

どんな景色が見えますか?
  • イライラ
  • 憂うつ感不安
  • 焦燥感(あせり)
  • 集中力や記憶力の低下
  • 好奇心がなくなる
  • 無気力になる
  • やる気がなくなって
  • 何をする気にもなれない
  • ささいなことに
     強い不安を感じる
  • なんとなく気分が晴れない
  • 感情の起伏が激しく
     すぐにカッとなったり
     涙ぐんだりする
  • 焦燥感(あせり)や
     疎外感を感じる
  • なんとなく落ち込んだ
     気分になる

このような状態も
自律神経失調症の一つと
考えられています


自律神経が不調な方へ

以上のような状態の時
自律神経失調症の可能性があります

ハートカイロ整体院では
自律神経をアクティベータ
で整えます

アクティベータとは50年前に
アメリカのアリゾナ州で生まれた
カイロプラクティックの一つです

神経系の流れを整える
アクティベータを簡単に説明します

筋肉や内臓や血管など
全ての機能は神経細胞の
伝達によって活動しています

そして神経細胞が活動する時
微弱な振動が起っていると
言われています


健康な中枢神経では
30~50Hzの振動です

Hzとは1分間に起る振動数です

この振動がきちんと
行なわれないと体が正常に機能せず

自律神経のバランスが崩れ
自律神経失調症につながる
可能性があります

アクティベータは神経の流れが
悪くなった箇所を左右の脚長差に
よって発見ます

自律神経の
バランスを整え慢性的なお悩みを
緩和、軽減していきます

アクティベータ公式ページ
矯正後のデーターはこちら
自律神経の参考データー


心身条件反射療法

自律神経失調症は
ストレスが関与している
可能性があります

ハートカイロでは
ストレスや脳の誤作動記憶を
整える施術をしています

心身条件反射療法を詳しくはこちら


サポートしている方

ハートカイロでは
このような方をサポートしています

  • 原因不明の体調不良を
      緩和したい
  • 長年の悩みを解消したい
  • 悪い部分も含めて全体的に
      緩和したい


目指すゴール

あなたが見つけるゴール

スマフォの普及により
PCからさらに使用時間が増え
同じ姿勢や睡眠不足など
生活がリズムが乱れがちです

生活リズムの乱れは
自律神経の乱れにつながります

その為、自律神経を整える
事は大変重要です

  • 重だるい症状を緩和する
  • 体内のリズムを整える
  • 快適に仕事が出来るようにする
  • 育児・子育てが疲れにくくする
  • 休日、趣味や運動を楽しくする
  • 家族と過ごす健康的な時間を増やす


薬院駅から徒歩2分


地図動画