自律神経失調症とコロナ

皆さん、こんにちは
福岡薬院にある
ハートカイロ整体院です。

今回は自律神経失調症とコロナ
というテーマでお話します。

最近コロナウイルスの影響で
心も体も疲れていませんか?

感染拡大を防ぐ為の
日本が初めて経験する
緊急事態宣言が出て
社会への影響も大きく
これをきっかけに衛生面の管理は
大きく変化すると予測しています。

政府の援助による
・他業種のマスク増産
・輸送経路の拡大
・除菌用品の技術向上

と変わる中、私達の
ウイルス対策の出費は
今後も上昇するのでは
ないでしょうか?

また私を含めた個人事業主の方は
政府の補助金など金銭面の対策が
必要となります。

コロナ対策が長引き
福岡の市長や知事がテレビで
協力を呼びかけているのは
ご存知だと思います。

今のコロナ社会の中で
気丈に振る舞いつつも
店舗の存続や子育てに
毎日頑張り心と体に
・疲れ
・不安
・怒り

を感じる方もいるでしょう。
これらの感情は体を疲弊し
自律神経などの不調に
つながる可能性もあります。

そこで病院に行ったり
中には心療内科に行く方も
いるでしょう。

そしてお薬の副作用が心配で
服用はできれば少ない方がいい
とお考えの方もいます。

そこでハートカイロでは以下の
考え方をご提案します。

自律神経失調症の対策は?それは

過剰な
評価・判断を
しないです

これは気にしないって事?
そう思われたかもしれません。
いえ現在のウイルス対策を行いつつも
体だけでなく心のメンテナンスが
自律神経失調症には必要だという
意味です。

これはどういう事かと
いいますと

人間は様々な出来事に対して
評価や判断をしています。

例えば
コロナウイルスの
情報を聞きます

・ウイルス感染
・生命の危険
・家族への感染


あなたはその情報に対して
コロナウイルスは危険だと
評価をします。

そしてその評価に対して
予防が必要と判断すると
思います。

この評価や判断は
当然で必要な事です。

しかし毎日
・自己の感染予防
・家族の感染予防
・仕事の感染予防と
過剰に評価、判断すると
体が疲れてしまいます。


その疲れは
免疫を低下させ逆に
感染のリスクを上げる
可能性もあります。

コロナの影響もあり
自律神経の不調を感じる時

過剰な評価や判断を捨て
感情の渦に巻き込まれない
ようにしましょう。

本日はコロナウイルスと
自律神経失調症の
対策についてご提案しました。

参考文献
自律神経がよろこぶセルフヒーリング
著者 竹林直紀 先生
株式会社 青春出版社

コロナに伴い
・医療機関
・介護施設
・生活必需品の小売業
・物流機関
・交通機関
に従事されている方々に
本当に感謝致します。

社会は1人1人の行動によって
安全な生活を送れていると思います。
私もその一員として行動して行きます。

本日も読んで頂いて
ありがとうございました。

営業時間ご案内

福岡市中央区薬院1丁目

092-741-3434

営業時間
9時~18時 9時~21時
×
×
×
×
×
×
×

店舗までのアクセス

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA