自律神経失調症と女性の肩こり

皆さん、こんにちは
福岡薬院にある
ハートカイロ整体院です。
今回のテーマは
自律神経失調症と
女性の肩こりです。

まず自律神経の説明をします。

自律神経とは?


自律神経二つの働き

自律神経には二つの働きがあります。
細かく覚える必要はありません

自律神経には二つあり

  • 頑張ろうとする=交感神経
  • 休もうとする=副交感神経

この二つが
バランス良く働く事で
人間は生活にメリハリを付けて
健康を維持しています。

しかし自律神経の交感神経と
副交感神経のバランスが
悪くなると問題が出てきます。

交感神経に偏り過ぎると?

緊張から血管が収縮
  
血行不良へ
  ↓
筋肉への栄養と
酸素の供給不足が起り
  ↓
筋肉が固まりやすくなる

  ↓
結果、肩こりを感じる

肩こりが長引く理由の一つして
自律神経の交感神経が過剰に働き
血行不良から筋肉が硬くなり
慢性的な肩こりへと

つながって行きます。

副交感神経に偏り過ぎると?

集中力が低下
  ↓
落着き過ぎた状態
  ↓
ダラダラしすぎると
余計に疲れた経験が
ありませんか?

肩こりだからと安静にし過ぎると
副交感神経が過剰に働き
無気力になる可能性もあり
バランスが大切です。

あなたも寝すぎて余計に
疲れた経験がありませんか?

次に自律神経は、どんな時に
バランスが悪くなるのでしょうか?


バランスが悪くなる理由

  • 睡眠不足
  • ストレスの蓄積
  • 栄養の偏り
  • 不規則な生活
  • 急激なダイエット

これらの理由から自律神経の
働きが不安定なる事があります。


又自律神経は男性より
女性の方が不安定になりやすい
と言われています。


なぜ女性は自律神経が
不安定になりやすいのか?

その理由は女性ホルモンが
関係しています

  • 女性は周期的に月経が生じる為
     女性ホルモンのバランスが
     変化します
  • 妊娠や出産といったイベントも
     女性ホルモンが大きく変化します
  • 更に閉経して更年期に入るとこれも
     女性ホルモンのバランスが
     変化します

上記の理由から女性は男性より
ホルモンの影響を受けやすい
体質を持っています。

ではなぜ?ホルモンバランスが
崩れると自律神経のバランスも
崩れてしまうのでしょうか?

もう少しお付き合いください。

自律神経とホルモンの関係

実は脳の視床下部という
同じ場所で自律神経も
ホルモンもコントロール
されています。

同じ場所である為、影響を
受けやすいのです。

脳の視床下部が関係

大事な所なので繰返します
自律神経もホルモンも同じ
視床下部でコントロールされています。

その為
女性ホルモンの
バランスが不安定になる時

自律神経もその影響を受け
不安定になりやすいのです。

管理される場所が同じなので
影響を受けやすいという事です。

このように女性はホルモンの
影響から自律神経のバランスが
崩れやすい傾向があります。

その為女性に肩こりが多いと
言われています。

以上自律神経失調症と
女性の肩こりの説明でした。
最後まで読んで頂きありがとう
ございました。

営業時間ご案内

福岡市中央区薬院1丁目

092-741-3434

営業時間
9時~18時 9時~21時
×
×
×
×
×
×
×

店舗までのアクセス

自律神経失調症
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA