福岡 頭痛

画像の説明

こんな頭痛では?

  • 頭痛で痛む場所が変わる
  • チクチク・ズキズキ
     ガンガンと痛み方が違う 
  • 頭痛に耳鳴りやめまいが
     伴う時がある
  • 心療内科に行った事がある
  • 自律神経失調症があり
  • 体全体が不調

目次を活用して必要な情報を
吸収して頂けると幸いです


頭痛外来に行きましたか? 

整形外科病院

あなたは検査を受けて
どんな頭痛か聞きましたか?

・片頭痛
・緊張型頭痛
・群発頭痛

他にも頭痛の種類がありますが
その原因はまだ仮説だと
言われています

例えば代表的な
片頭痛と緊張型頭痛は
1人の体で
緊張型→片頭痛→緊張型と変化して
出るという場合もあります

つまり1人の体に頭痛の原因が
二つある事になります

私も緊張型頭痛と片頭痛の
両方をお持ちのクライアントに
お会いしてきました

機能性頭痛一元論

片頭痛と緊張型頭痛の特徴があれば
その対策は二つ必要かもしれません

ここでは分かりにくくなる為
まず片頭痛と緊張型頭痛を
別々に説明します


頭痛の種類 

頭痛の種類

慢性頭痛の診療ガイドラインを
参考に頭痛の種類を作成しました
ご存知の方は飛ばし読みして下さい


緊張型頭痛とは? 

緊張型頭痛とは?

 緊張型頭痛の判断基準

 緊張型頭痛は
 30分~7日間持続する
 緊張型頭痛は以下の特徴
 2項目を満たす

・両側性(両側に痛みが出る)

・症状は圧迫感または締付け感
 (非拍動性)

・強さは軽度~中度

・歩行や階段の昇降のような日常的な
 動作により増悪しない

以下の両方に該当する

・悪心(吐き気)や嘔吐はない

・光過敏や音過敏はあっても
 どちらか一方のみ

上記は内容は「国際頭痛分類
第3版 beta 版」を参考に
記述しています


緊張型頭痛の種類と原因

緊張型頭痛は二種類あります
その二つと原因をご紹介します


ただ頭痛学会でも
これが原因と明言はしておらず
はっきとは分っていないと
発表しています

つまり一要因として理解すると
良いと考えられます

では頭痛のガイドラインを
参考に二種類の緊張型頭痛をお伝えします


反復性緊張型頭痛とは?

一つ目の反復性緊張型頭痛とは
三ヵ月を超えて、平均一カ月に1~14日
(年間12日以上180日未満)の頻度で
発現する頭痛を言います


反復性緊張頭痛の原因

反復性緊張頭痛では筋肉の表面にある
感覚神経がより痛みを感じやすい
状態になっている事が原因と指摘
されています


慢性型緊張頭痛とは?

二つ目の慢性緊張型頭痛とは
三ヵ月を超えて平均して1か月に
15日以上(年間180日以上)の
頻度で発現する頭痛


慢性緊張型頭痛の原因


・慢性型緊張型頭痛は
 筋肉の緊張のコントロールや痛みを
 和らげる脳内システムの異常
 (中枢性の要因)が考えられています


・緊張型頭痛では頭の周囲に
 ある筋肉に圧痛がある事が
 明らかにされています


・慢性緊張型頭痛では運動した時に
 僧帽筋とよばれる肩から後頭部に
 ある筋肉の血流増加が乏しい事

・電気刺激を繰返す事で痛みを
 感じやすくなる事から
 交感神経の血管収縮の関与

・中枢神経における痛みの
 感じ方をコントロールする
 システムの異常が考えられています

・脳内にある筋肉の緊張を
 和らげる仕組みが機能してない

・三叉神経が二次的に痛みに
 関係している可能性も
 推測されています

「慢性頭痛の
診療ガイドライン参照」


緊張型頭痛の原因筋

赤い印が痛みが出る
ポイントです

緊張型頭痛


後頭下筋

頭痛(胸鎖乳突筋)


胸鎖乳突筋

頭痛(側頭筋)

側頭筋

痛みの箇所は?
・側頭部・後頭部・目の裏


緊張型頭痛とストレス

ストレスが筋肉の緊張に
つながる事は良く言われています

あなたも緊張すると体固まったり
いつもの動きができない経験が
あると思います

そのような時、筋肉が固まり
緊張型頭痛の誘因になります

また慢性性緊張型頭痛は
うつや不安障害を合併している
場合があります
(2~5倍と推移)

「慢性頭痛の
診療ガイドライン参照」


片頭痛とは? 

片頭痛とは?

片頭痛の特徴

・片頭痛の一番のポイントは
 日常的な動作により頭痛が悪化する点です
 (歩行や階段の上り下り)

・片頭痛では6割が片側に
 4割が頭の両側に頭痛を感じます

 

 片頭痛だから片側という訳では
 ありません

 この辺の説明はネットでもあまり
 見ないので、知っておくと
 良いと思います

・両側性の頭痛でも日常動作で
 悪化した場合は片頭痛である
 可能性があるという事です

・片頭痛では
 頭がズキズキする状態
 【拍動性】50%
 頭がズキズキしない状態
 【非拍動性】50%
 
・光過敏や音過敏に
 なる事がある

・吐き気または嘔吐

・中等度~重度の痛みが
 4~72時間持続する

・20~40歳代の
 女性に多くみられる

・片頭痛自体が
 命に関わる事はない

・過労やストレスのある状態を
 続けたあと一段落して安心した時や
 休日などに頭痛が起るケースも
 あります

「慢性頭痛の
診療ガイドライン参照」


片頭痛の前兆を知ろう

頭痛が始める直前にまたは
同時に起る神経症状で時間と
共に完全に消失する
症状を前兆と呼びます

前兆には3つあります
・視覚性前兆
・感覚性前兆
・言語性前兆

複数の前兆が1人の
患者さんに生じる
ケースもあります


視覚性前兆

キラキラした
光・点・線が見えたり
視野の一部が見え
にくくなります

前兆の代表的なものに
閃輝暗点(せんきあんてん)
があります

せんきあんてん


視野にギザギザした
稲妻模様が現れて次第に拡大します
その後ギザギザ模様の部分が欠けて
見えなくなり60分以内におさまります


感覚性前兆

体がチクチクする又
体の感覚が鈍くなる

進み方としてとは
体半分の顔・舌・体の
一部に始まり同側の
半身に次第に拡大します


言語性前兆

言葉が思うように出せない話にくい


片麻痺性片頭痛の前兆

まれなタイプでは
運動麻痺で力が入りにくい
脱力状態になる前兆がある


脳幹型前兆

脳幹と呼ばれる脳の
部位から生じる前兆で
発音が正しく出せない
(発声障害)
回転性めまい・耳鳴り
聴力低下
複視(二重に見える)
ふらつき・意識障害がある

5分以上持続し
60分以内に完全に
消失する

前兆を知る事で
過剰な不安や心配を
軽減したり問診時に
話し伝えやすくなります

「慢性頭痛の
診療ガイドライン参照」


片頭痛の原因

片頭痛の原因とされて
いるものをご紹介します
(日本頭痛学会参照)

・ストレス
・精神的緊張
・疲れ
・睡眠(過・不足)
・月経周期
・天候の変化
・温度差
・旅行
・空腹
・アルコール

このページは頭痛の種類を
覚えるより大変重要です

なぜなら病名を知っても
対策が考えにくいからです

原因

対策

まずは行動
生活習慣の見直し
食事・起床時間の安定
入浴・思考癖

体の変化は?

少しでも変化がある

習慣の変更

考え方の変更

習慣を継続させる

頭痛の日が
減少、緩和軽減

自分の人生がより
健康的で快適になる

あなたが改善しなければ
ならないポイントを
探して行きましょう


片頭痛のメカニズム

偏頭痛40代

片頭痛の仕組みは
不明な点も多く明確な
メカニズムは
示されていません

しかし仮説として
3つ提唱されています
(頭痛学会慢性頭痛ガイドライン参照)

・血管説
・神経説
・三叉神経血管説

「血管説」

血液の血小板の中にある
セロトニンが関係しています

①血管を収縮する作用のある
 セロトニンが血小板から
 過剰に放出されます

②血管収縮を引き起こして
 片頭痛前兆が起ります

③血中のセロトニンが
 消失する事により
 血管が拡張して頭痛が
 発症するという説です

 前兆頭痛はセロトニンによる
 過剰な血管収縮と考えられいたが
 今は神経説が有力になっている


「神経説」

片頭痛の前兆理由は
新しくなり以前の
血管説ではなく神経説が
有力と言われています

大脳の後頭葉皮質から
次第に前方に広がる神経が
過剰興奮になりその後
興奮した神経を元に戻す

抑制現象が前兆頭痛の
原因とされています

抑制現象が広がると
一時的に脳が局所的な
血行不良になる事が
観察されています


「三叉神経血管説」

脳神経の中で最も
大きい三叉神経が
(顔面周辺の感覚をつかさどる)
関与しているという説です

何らかの刺激によって
三叉神経が刺激され
三叉神経の末端から
三叉神経が血管を
拡張させる作用をもつ
様々な神経伝達物質が
分泌されます

それらの働きで
拡張した血管やそれに
よって発生した炎症が
神経を刺激して痛みが
起こるというものです


片頭痛と浮腫み

仮説になりますが
片頭痛の震源地である

視床下部から
隣り合わせに位置する
脳下垂体後葉部分に
片頭痛信号が伝わると

脳下垂体後葉部から
抗利尿ホルモンが放出され
尿量が減少しそれが原因で
全身がむくむという仮説があります

視床下部から
片頭痛終わりの信号がでると
今度は抗利尿ホルモンが
低下してせきを切ったように
尿が出て片頭痛が治まった
という仮説です

片頭痛の時
むくみや尿の減少=片頭痛の発生
尿の増加=片頭痛の消失
という事があれば

片頭痛の震源地は視床下部の異常が
関係している可能性があります

「片頭痛からの卒業」
著者:坂井文彦
P8~P9を参考


片頭痛その他の情報 

片頭痛は脳梗塞の危険因子か?

45歳未満の若い女性で
前兆のある片頭痛が
ある場合には脳梗塞になる
危険性が若干増加する
可能性があります

前兆のない片頭痛では
危険性は増加しなと
言われています

「慢性頭痛の
診療ガイドライン参照」


片頭痛患者はピルを
使用して安全か?

前兆のある片頭痛では
エストロゲンを含有する
経口避妊薬は原則禁忌になります
(使用してはいけない)

その他の避妊方が
勧められます
前兆のない片頭痛では
禁忌ではありませんが
使用する場合には慎重な判断と
経過観察が必要となっています

前兆のある片頭痛に
喫煙と経口避妊薬使用が
加わると脳梗塞の危険性が
10倍に増加する
という報告があります

前兆のない
片頭痛の患者さんでは
経口避妊薬は禁忌では
ありませんが

使用の場合には
・喫煙
・肥満
・高血圧

などの虚血性疾患の
危険因子がないか
注意を払う必要があります

(慢性頭痛の
診療ガイドライン引用)

アロディニアとは?

片頭痛の患者さん
75%に認められた
情報がある
アロディニアとは?

・脳が痛みに過敏になる
・髪の毛を触っても
 不快感が起る
・ブラシやくしを使えない
・さらに顔や手足が
 ビリビリする

などの状態を指します

生理時の片頭痛

女性は男性の3.6倍の
片頭痛になりやすいと
言われています

その理由としては
月経があげられます
片頭痛はエストロゲンの
低下に誘発され月経が
始まる前日に起りやすく
後半にも片頭痛を伴う
場合もあります

女性ホルモンで言えば

・エストロゲン
・プロゲステロン
・プロラクチン


などの変化が体内の環境や
リズムに影響を及ぼすと
考えられています

さらに
エストロゲンには
プロスタグランディンという
炎症や痛みのもと
となる物質を増加させる
作用があり頭痛を
長引かせる原因となります

医師の坂井文彦著書
片頭痛からの卒業
によると第2子の出産後に
片頭痛が起きやすくなると
説明されています

理由としては
第一子にも手が掛かるなどの
精神的なストレスの増加
授乳による
生活リズムの変化が
誘因につながると説明
されています。


群発頭痛とは? 

群発頭痛の原因

はっきりとした原因は
分っていません

説としては
自律神経の中枢である
視床下部の異常や
自律神経が枝が多く分布している
内頚動脈の周りの異常から
始まるとする説があります

「慢性頭痛の
診療ガイドライン参照」

群発頭痛の症状

片側の目の周囲から
前頭部、側頭部にかけて
激しい頭痛が、数週間から
数ヵ月の間ほぼ毎日起こる
(群発する)頭痛です

痛みは毎日同じ
時間に起る傾向があり
特に夜間や睡眠中に
頭痛発作が
起こりやすいのが特徴です

20~40歳代の
男性に多くみられます
頭の痛みがある側だけ

・眼が充血したり
・涙が出たり
・鼻水が出たり

自律神経症状が出ます
そこに気づいて
問診で伝達すれば診断は
難しくないと
言われています

痛みの特徴は
比較的短時間
15分~180分(3時間)
痛みのピークは片頭痛の
ように動けなくなるのではなく
痛すぎていてもたってもいられない
状態になります

ハートカイロの見方

ストレス解消後に慢性化する仕組み

私は頭痛の原因は以下の
3つではないかと考えています

・ストレスからくる
 心と体のアンバランス

・筋肉のアンバランス

・自律神経などの
 神経のアンバランス


あなたは頭痛をネットで
色々調べと思います
そしてある事に
気づきませんでしたか?

それは・・・
ストレスが関係している
という事です

ストレスを見るとなった時
おそらく心療内科に行く方
もいるでしょう

心療内科の場合は
カウンセリングによって
問題点を探します

よって自分の気づいている
点は話せるけれども
自分で気づかない
点はなかなか浮彫に
なりません

詳しくは
心身条件反射療法
チェック


ストレスの種類3つ 

ストレス犬

■感情的ストレス

・不安・怒り・悲しみ
・自尊心・完璧主義
・潔癖症など

■環境的ストレス

・会社・仕事・同僚
・人間関係・妻子・仲間
・天候・気圧・湿気・花粉
・毒・ウイルス・細菌など

■物理的ストレス

・外力・打撲・転倒
・長時間の座り姿勢
・無意識的な
 不自然な姿勢

これらの要素が
単独または
複合的に合わさり
頭痛につながる場合が
あります


心と体の
バランスを整える方法 

ハートカイロでは
頭痛のアプローチを
二つ取り入れています

アクティベータ 

アクティベータ小

ストレスが大きいと
自律神経の乱れから
神経系のバランスが
悪くなる可能性があります

そこをまず
アクティベータ
全体を整えて行きます

神経の流れを整え健康へ

頭痛は神経機能が
しっかり働く事で
硬くなった筋肉を
緩めて行きます

この神経機能を
正常なものに整えるのが
アクティベータ療法です

神経系の流れ
頭痛の解決


心身条件反射療法

あなたが気づいていない
健康をブロックする
ストレスを探って
心と体のバランスを整えて
行きます

心身条件反射療法

詳しくはクリック

脳の誤作動記憶を健全な
記憶に上書きする施術です


40代男性の頭痛 

画像の説明
福岡 頭痛 パニック障害 

男性40代 T.Kさん

私は、うつ病、パニック障害
頭痛、首と肩こりで
困っていました

インターネットで
ハートカイロ様を知り
サイト内容を見てすぐに電話
して予約しました

施術後苦しんでいた
全てのものがおどろくほどに
軽くなっていて
しばらくは散歩したい程です

翌日は更に楽に
なっていました
ハートカイロ様は心と体の
両方を見て根本的な
部分から施術をする
素晴らしい所だと思います

施術の感想は個人的な
ものであり保証するものでは
ありません


健康は本当の財産 

みんなの笑顔


本来の生活に戻れるように
あなたの健康を心身共に
サポートさせて頂きます


関連ページ 

頭痛 後頭部の痛み
頭痛 耳の後ろの頭痛
頭痛の動画
片頭痛の動画
パニック障害
危険な頭痛かチェック
頭痛の原因 思考癖とは?

営業時間ご案内

福岡市中央区薬院1丁目

092-741-3434

営業時間
9時~18時 9時~21時
×
×
×
×
×
×
×

店舗までのアクセス

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA